​わたしたち
教室紹介
生徒さんの声
  • グレーInstagramのアイコン

京都市上京区一条通油小路西入る上がる

ecole@yugeisya.com  |  Tel : 075-202-5018

Sites Utiles

学習サイト紹介

pour apprendre aussi à la maison

​生徒さんからよく「レッスン以外でもフランス語に触れるにはどうすれば良いですか?」という質問を受けます。実はフランス語の学習サイトはたくさんあって、中には無料とは思えないほど内容の充実したサイトもあります。ただ殆どはフランス語で書かれているので、初めての人、特に初級者には見つけること自体が難しい場合があります。そこでどのサイトのどのページに行けばどんな学習ができるのかを、分かりやすくまとめてみました。

紹介しているサイトで使われているレベル分けは以下の通りです。

​A1 : 入門レベル A2:初級レベル B1:中級レベル B2:上級レベル

 

TV5MONDE

TV5MONDEはフランスのテレビ局の一つで、

国際的に放送されているチャンネルです。

フランス語学習者向けのコンテンツが多彩で、

自習に使える教材が豊富に揃っています。

Apprendre le français

入門(A1) - 上級(B2)【聴く / 読む】

A1からB2まで4つのレベル毎に練習問題が用意されています。一般的な教材よりも自然なフランス語で話されるビデオを使った問題が多いため、いつもと違う問題をしてみたい方にオススメです。一見かなり難しいビデオですが、各練習問題が4つのステップに分かれており、大まかな内容の理解から少しずつ細かいところを理解していけるよう工夫されていますので、ビデオの難しさに臆せず挑戦してみてください。もちろんTranscriptionも付いています。中でも時事問題を扱う 7 jours sur la planète はA2レベル以上の中・上級者向けになりますが面白い問題が揃っています。

Dictée d’Archibald

入門(A1)より  【書き取り(dictée)】

このページではディクテ(書き取り問題)の練習がとても効率的にできます。ディクテの練習用に作られた音声をサイト上で聞いて、聞こえたものを打ち込めば点数を出してくれます。同じテーマでもレベル毎に音声が異なるので、自分のレベルから少しずつ挑戦していくことができます。行ったディクテ問題にはチェックマークがつき、点数も表示されるので、一日一問題ずつ習慣的に挑戦し、点数を頑張って上げていく、というのもオススメの勉強法です。

TCF過去問題

入門(A1)より  【TCF】

TCF(Test de Connaissances du Français)の過去問題がまとまっています。後述のRFIというサイトにもありますが、こちらは聞き取り・文法・読解問題全てを解いていくと、自分がA1からC2のどのレベルなのかを大まかに測ることができます。

RFI

Radio France Internationaleという

フランスのラジオ局のサイトですが、

フランス語学習者向けに

音声教材も提供しています。

リスニング問題を探している方にオススメです。

 

Exercice

入門(A1)より 【聴く / 読む】

A1からレベル毎に分かれた、音声を用いた練習問題があります。音声を聞いて問題に答えていき、答え合せもできます。音声のTranscriptionももちろんあります。

Journal en français facile

上級(B2)より【聴く / 読む】

毎日更新される10分のニュース番組です。タイトルには「facile (簡単な) 」とありますが、語彙や話す速さなど比較的上級者向きです。Transcriptionも付いています。


TCF聞き取り過去問題

入門(A1)より  【TCF】

TCF(Test de Connaissances du Français)の聞き取りの過去問題がまとまっています。前述のTV5MONDEに比べ聞き取りの問題しかありませんが、音声を繰り返して聞きたい場合はこちらのサイトの方が使いやすいです。

Podcast français facile

音声付きの問題が豊富に揃うサイトです。

上記のサイトが入門者には難しい問題だったのに対し、

このサイトは初級レベルの方でも使えます。

音声も教材用に作られたものですので、

上記のサイトより分かりやすくなっています。

Dialogues

入門(A1)より 【聴く / 読む】

シチュエーションやテーマ毎に音声教材が用意されており、それに合わせた練習問題と答えがあります。音声のTranscriptionもあります。入門から初級レベルの方は débutant 、中級レベルの方は intermédiaire から教材を探すとレベルに合ったものが見つけられます。


Textes

入門(A1)より 【読む / 聴く】

レベル毎に文章問題が揃っています。文を読む音声もついているので、同様に聞き取り問題としても使用できます。応用してディクテをすることもできます。


Dictée

入門(A1)より 【書き取り(dictée)】

ディクテ問題が少しあります。TV5MONDEのものと違い、穴埋め方式の問題もありますので、短時間で手軽にできます。

 

Par où commencer

このサイトには様々な種類の教材がありますので、色々見てみると面白いです。この案内のページでは日本語での説明も載っています。他にオススメのコンテンツは、

  • Français familier : 親しい間柄で使われるくだけた表現を使った会話文があります。中上級者向け。

  • Phonétique : 発音の練習問題がまとまっています。bとvの音の聞き分け、リエゾンについてなど。入門レベルから。

YouTubeチャンネル

Karambolage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARTEという仏独共同のテレビチャンネルが作成している番組で、YouTubeにもチャンネルがあります。チーズの切り方、フランスの挨拶のビズについて 等、文化的なテーマを基にしたビデオが多数あり、YouTubeの字幕機能でフランス語字幕も付けられます。自動生成の字幕のため、少しおかしいところもありますが…

同じARTEの運営する子供向けのニュースを配信するARTE Journal Junior は、ネイティブ向けですが比較的理解しやすいフランス語です。

1 jour, 1 question

週に何度か、子供たちの素朴な疑問に答えるビデオを投稿しているYouTubeチャンネルです。「フランス語ってどうやって生まれたの?」、「エッフェル塔って何の為にあるの?」など、テロの話からスターウォーズの話まで、様々なテーマのビデオがあります。子供向け、と言ってもリズムや語彙など比較的難しめです。こちらも自動生成の字幕があります。

チャンネルは 1 jour, 1 actu というサイトが運営していますが、このサイトは子供たち向けにニュース記事を載せています。語りかける口調で、あまり難しい語彙は使わずに記事が書かれているため、読みやすくなっています。

Lyrics Training

YouTubeのチャンネルではありませんが、YouTubeのビデオを使ってフランス語の曲を聴きながら、歌詞の空白になっているところを埋めていくというゲームのように練習できるサイトです。最近の曲が多いですが、Edith Piaff や Serge GainsbourgFrance Gall などの曲もあります。初級から上級まで4つのレベルが選べますが、初級でも難しいことがあります。シャンソンや音楽が好きな方にオススメ。